勝浦総合法律事務所 メインサイト

現在地
青山オフィス(本部)
池袋オフィス
大阪オフィス(本町)
横浜オフィス(関内)
営業時間
平日:10時 ~ 19時
土曜:10時 ~ 17時(東京のみ)
定休日:日・祝
電話番号
0120-777-490

詳しい事務所概要 ≫

代表弁護士 勝浦敦嗣 第二東京弁護士会所属

学校事故の示談・慰謝料・損害賠償請求 勝浦総合法律事務所

学校における事故で大切なお子さんがケガをしてしまった……そのような場合、誰にどのような請求が可能か、また、その場合の妥当な賠償金額についてご説明します。

まず、教職員の故意又は過失によって事故が生じた場合、学校は、教職員の使用者として損害賠償義務を負うことになります。また、12歳前後よりも幼い子どもが、他の子どもを傷つけてしまった場合、学校にも責任を追及する余地があります。
» 詳しくはこちらをご覧ください。

学校に加えて、教職員への請求が可能かどうかについては、学校が公立学校であるか否かによって異なります。但し、被害回復の実利をとるのであればまずは学校本体への請求に主眼を置くこととなります。
» 詳しくはこちらをご覧ください。

もちろん、加害者のいる事故の場合、加害児童生徒側への請求も可能になります。
» 詳しくはこちらをご覧ください。

具体的な事故の内容により、請求できるかどうか、また、請求できる金額などが異なります。勝浦総合法律事務所では、月に10件程度に限り、後遺症が残った学校事故について、初回法律相談を無料で受け付けております。
もちろん、無料相談の後、具体的に学校等との交渉や裁判をご依頼いただくかは自由です。
» 詳しくはこちらをご覧ください。

法律相談のご予約・お問い合わせはこちら