勝浦総合法律事務所 メインサイト

現在地
青山オフィス(本部)
池袋オフィス
大阪オフィス(本町)
横浜オフィス(関内)
営業時間
平日:10時 ~ 19時
土曜:10時 ~ 17時(東京のみ)
定休日:日・祝
電話番号
0120-777-490

詳しい事務所概要 ≫

代表弁護士 勝浦敦嗣 第二東京弁護士会所属

トップページ > 加害児童生徒側の責任

加害児童生徒側の責任

学校事故における加害児童生徒側の責任子どもが他の子どもの故意又は過失により負傷したような場合、被害児童生徒は、加害者側に対し、不法行為に基づく損害賠償を請求することができます。

加害生徒が13歳を超えるような年齢であれば、加害生徒は責任を負うことができる年齢ですので、加害生徒自身に対し、賠償を請求することができます。他方、加害児童が12歳程度以下であれば、まだ責任無能力者となりますので、加害児童に直接請求するのではなく、監督義務者である親に対し、監督者責任を追及していくことになるでしょう。

もちろん、学校の責任と加害児童生徒側の責任の両方を追及することも可能です。

|

法律相談のご予約・お問い合わせはこちら